産後にはガードルがベスト|無理なく細身を目指そう!

女の人

温めることで健康になる

手

赤外線で治療する

波長により、赤外線の種類は分けられます。その中でも遠赤外線には温める効果があります。もっともわかりやすいのがストーブです。また、遠赤外線を使用した治療器が存在します。この治療器により体の芯まで温め、肩こりや腰痛を改善させます。これは、温められ血流が良くなり、疲労物質が血液に乗って流れていくからです。また、筋肉の疲労を和らげ、胃腸の活発を促進さる効果があります。これは全身の細胞が活発になり、新陳代謝が促進されるからです。今の遠赤外線の治療器は、改良を繰り返され、患部に対してさらに効果的に作用します。遠赤外線により、リラックス効果や自然治癒力を高める効果を得られます。健康改善も可能ですが、血流促進の観点から肌に対しての美容効果もあります。

がん治療も可能

温める効果のある遠赤外線ですが、その力を使ってがん治療に使用されています。がん細胞は熱に弱いため、皮膚の表面に近いがんであれば死滅させることが出来ます。今、女性の多くに発症している乳がんにも効果があります。また、日光を多く浴びることにより発症する皮膚がんにも有効です。そして、体温を上げることによって、免疫力が向上し、がんの転移を防ぐ効果もあります。がんは恐ろしい病気だというイメージです。しかし、遠赤外線治療器にはそれを払しょくするだけの力があります。しかし、内側にまでは熱が伝わらず、残念ながらすべてのがんに効果的なわけではありません。ですが、抗がん剤など、他の治療と組み合わせることができます。併用することで、がんの治療を促進させることが可能になります。